« 単振動 | トップページ

2014年2月18日 (火)

物理公式の本質を理解する

『物理』という言葉を聞くだけで、

「面白くない教科だった。」「全くわからなくて嫌いだった。」
といったネガティブな発言をよく耳にします。
よくよく話を聞いてみると、そういった発言をされている方々のほとんどが、高校時代の物理の授業で公式に当てはめるだけの無味乾燥な授業を受けていたことがわかります。
なぜこのような事態に陥るのでしょうか?
それは、学校では物理の本質を教えてもらっていないからです。
もともと、物理の現象を観測し、
得られた結果を数学の微分積分という技を用いることで、
が導き出されているわけです。
その導出の背景を無視して、はたして物理がわかるようになるでしょうか?
ですが、学校の授業では、
「公式を暗記して、当てはめれば問題は解ける!」
と言われ、公式暗記に勤しむ生徒さんが多いと思います。
もちろん公式を覚えていなければいけませんが、それだけでは入試の物理には太刀打ちできません。
では、入試問題に太刀打ちするた めにはどうしたら良いのでしょうか。
それは、自分の頭の中に確固たる「解法体系」を作ればよいのです。

« 単振動 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535702/55038335

この記事へのトラックバック一覧です: 物理公式の本質を理解する:

» 物理公式の暗記 [大学受験の理科―理科選択科目の決め方]
「物理公式は覚えていますが、問題が解けません」 「物理公式を当てはめる問題は解けますが、ちょっとひねられれば解けません」 という話をよく聞きます。 なぜこのような事態に陥るのでしょうか? 物理公式を暗記しているという状態は、たとえるなら、頭の中の記憶の...... [続きを読む]

» 物理公式の暗記 [身の回りにある学び]
物理公式を単純に暗記するのは非常に大変です。 物理公式を暗記しているという状態は、たとえるなら、頭の中の記憶の引き出しの中に、「物理公式」がごちゃごちゃに入っている状態です。 引き出しに入っている「物理公式」と全く同じものを目の前に出されて、 「これと…... [続きを読む]

« 単振動 | トップページ

無料ブログはココログ