2014年2月18日 (火)

物理公式の本質を理解する

『物理』という言葉を聞くだけで、

「面白くない教科だった。」「全くわからなくて嫌いだった。」
といったネガティブな発言をよく耳にします。
よくよく話を聞いてみると、そういった発言をされている方々のほとんどが、高校時代の物理の授業で公式に当てはめるだけの無味乾燥な授業を受けていたことがわかります。
なぜこのような事態に陥るのでしょうか?
それは、学校では物理の本質を教えてもらっていないからです。
もともと、物理の現象を観測し、
得られた結果を数学の微分積分という技を用いることで、
が導き出されているわけです。
その導出の背景を無視して、はたして物理がわかるようになるでしょうか?
ですが、学校の授業では、
「公式を暗記して、当てはめれば問題は解ける!」
と言われ、公式暗記に勤しむ生徒さんが多いと思います。
もちろん公式を覚えていなければいけませんが、それだけでは入試の物理には太刀打ちできません。
では、入試問題に太刀打ちするた めにはどうしたら良いのでしょうか。
それは、自分の頭の中に確固たる「解法体系」を作ればよいのです。

2008年5月26日 (月)

単振動

単振動は、等速円運動を正射影した運動である。

一般に、単振動をしている物体の位置xは、

x=Asin (ωt+a)

のように表される。

ここで、ωは、角振動数と呼ばれる量である。

等速円運動をイメージすることによって、単振動では見えなくなっている運動の規則性を見つけることができる。

単振動についての詳しい解説講義を、こちらで無料公開する予定とのこと。

→ 物理ネット予備校

2008年2月22日 (金)

春期講習が無料

春期講習の季節がやってきました。

各予備校では春期講習の準備を着々としています。

みなさんも、近くの予備校の春期講習に行きますか?

小規模・中規模の予備校では、春期講習を安価に設定し、新学期からの入塾者の増加を目指しているところも多いですので、そういう予備校の春期講習を狙ってみるのも一つかもしれません。

無料のところもあります→無料の春期講習

2008年2月11日 (月)

物理専門用語集について

物理学習を始めるときに、物理用語の難しさで躓く人は多いだろう。

そのときに、簡単に検索できて、用語の意味が分かり、どのような問題を解くときに関係してくるのかが分かれば役立つのではないかと思う。

このブログが、受験生が物理を学ぶときのハンドブック代わりになればよいと思う。

[PR]大学受験物理

無料ブログはココログ